トップページ > ビタミンC > ビタミンCとビタミンC誘導体の違い

ビタミンCとビタミンC誘導体の違い

ビタミンCは強力な抗酸化作用があり、美白やアンチエイジングに人気の成分です。活性酸素の除去、メラニン色素沈着の抑制などの効果が期待されます。

ところが、ビタミンCには2つの弱点があります。
そのままのビタミンCは不安定で分子構造が壊れやすい
皮膚は皮脂(油)で覆われているため、水溶性のビタミンCは皮膚に浸透しにくい

このようなビタミンCの弱点を改良したのがビタミンC誘導体です。通常のビタミンC(ピュアビタミンC)よりも、肌に浸透しやすくなっています。


こう聞くと、ビタミンC誘導体は、通常のビタミンC(ピュアビタミンC)よりも良いように思えますね。 しかし、活性酸素の除去に優れているのは高濃度のまま届けることのできるピュアビタミンCなのです。 ピュアビタミンCを肌の奥まで浸透させられるなら、それが1番良いということです!