トップページ > シミを予防する > シミを予防するための化粧品を選ぶポイントは?

シミを予防するための化粧品を選ぶポイントは?

できてしまったシミを薄くする

シミ予防としてUVケアをしているのに、シミやソバカスができることがあります。実は、UVケアだけでは不十分なのです。


紫外線以外にも外部刺激(花粉、アレルゲン、空気中の汚れなど)により肌内部で刺激物質が発生します。この刺激物質がメラノサイトを刺激することでメラニンが生成されます。例えば敏感肌の場合、肌が炎症を起こすとメラニンが生成されます。


シミの予防とは、簡単に言うと黒色メラニンが作られないようにすることです。肌の奥にあるメラノサイトで作られたチロシンという物質にチロシナーゼという酵素が働きかけることで、黒色メラニンが生成されます。そのため、この反応を防ぐことでシミの予防になります。


そして、メラニンが作られたとしても肌のターンオーバーが活発ならば、徐々にメラニンが排出されていきます。肌が乾燥しているとターンオーバーが乱れがちになりメラニンの排出もとどこおります。そのため、十分に保湿することが大切です。


また、活性酸素を抑えることもシミの予防につながります。メラニン色素が作られるのは活性酸素を防ぐためだからです。


以上のことをまとめると、シミ予防には次の2つのポイントを満たす美白化粧品を使います。
・紫外線や外部刺激をブロックする
・保湿することで肌のターンオーバーを促進